第6期生

インターハイ神奈川県予選後の挨拶

 3年生

 

HP運営者から選手たちへのエール

令和3年度インターハイ神奈川県予選はベスト8という戦績で幕を閉じました!

早いもので本校ソフトボール部に入部して2年半の月日が経過してしまいました。
途中、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発出により、通学やクラブ活動などの自粛を余儀なくされ、日々の練習や近隣校との練習試合、そして遠征、合宿などが全面中止となり、辛い時間を過ごしましたが、その間でも選手一人一人が強靭な責任感と自覚をもって、各自やれることを思考しながら努力を続けてまいりました。

また6期生は合同チームとしてスタートしましたが、神奈川県民大会:3位、秋季新人戦:準優勝湘南地区大会:優勝春季ソフトボール大会:3位、そしてインターハイ神奈川県予選ではベスト8という戦績を残すことができたことは、今後、選手一人ひとりの『自信』として活きていくでしょう! (※赤字:本校ソフトボール部 史上最高戦績)

・ソフトボールという素晴らしいスポーツとの出会いに感謝、
・プレーができたことに感謝、
・ご指導いただいた先生方に感謝、
・本校の仲間に感謝、
・合同チームとしていっしょに戦ってきた仲間ならびに保護者の方々に感謝、
・試合で戦ってきた同志ならびに保護者の方々に感謝、
・試合運営にかかわって頂いた審判団の方々や関係者様に感謝、
・親・家族に感謝、

そして大事な時にエラーをしてしまったり、チャンスの時に打てなかったりなど、辛いときや落ち込んだときに決して逃げることなく、ソフトボールに懸命に向き合い、反省と努力を重ね、最期までやり遂げた・やり抜いた自分に誇りと自信を持ち続け、今後の人生の礎になっていくことを願っています!

神奈川ベスト8の戦績で第6期生は、引退となりますが、明日からは心機一転、2年生と1年生の後輩たちが、来年のインターハイ神奈川県予選:優勝、インターハイ出場に向けて頑張ってくれると思います。

引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。